ログインパスワードが分からない! 故人・退職者・失踪者のパソコン調査は可能? – ANKAI | 暗号化・パスワード解除

ANKAI | 暗号化・パスワード解除

Apple,Microsoft,暗号化ソフト | セキュリティ強化のためにかけた暗号化やパスワード解除

データ復旧の技術 機器の故障と原因 データバックアップ バックアップ方法 データ保存の豆知識 ハードディスク(HDD) SSD パソコン(PC) Mac サーフェス(Surface) データ保全

ログインパスワードが分からない! 故人・退職者・失踪者のパソコン調査は可能?

投稿日:

みなさんは「デジタル遺品」という言葉をご存知ですか?
パソコンなどのデジタル機器が普及した結果、かつては紙など「目に見える」媒体に保存されていた情報が、デジタルデータとして保存されるようになりました。

今回は、ログイン時のトラブルの事例や、解除方法、対処方法などをご紹介します。

デジタル遺品とは?

パソコン、デジカメ・ビデオカメラ、スマートフォン、タブレット、クラウドなどの「デジタル機器」や「情報端末」に、保存されている個人情報について、その持ち主が亡くなり、遺品となったものをデジタル遺品と呼びます。

データの種類としては多岐に渡り、一例として、以下のデータが該当します。

・クレジットカード情報
・ネットバンキング
・SNSのアカウント
・ブログ
・メール
・住所録

そのまま放置してしておくと、大切なデータが消えてしまったり情報漏えいの可能性があります。日頃から、端末の管理に細心の注意を払うことが大切です。

どのような事例があるのか

持ち主が亡くなった際、ログインパスワードが分からない以下のような事例が発生します。

「パソコンは起動するがログインできないため、使用できない」
「ネットバンキングやクレジットカードの情報がわからない」
「SNSのアカウント、年賀状の住所録、日記帳が確認できない」
「個人で所有していた思い出の写真や動画が閲覧できない」

・・・などのトラブルが発生するようになりました。

Windowsパソコンが爆発的に普及してから20年以上経過しました。
かつてはなかった言葉ですが、情報通信技術の発達した現代ならではのトラブルではないでしょうか。
また、似たような事例でもあります。

「退職者が使用していたパソコンにログインできず、メールや帳簿が見れない!」
「不正の疑いのある社員がいるが、パスワードがわからず調査ができない」
「失踪者が使用していたパソコンがあるが、起動しないため調べることができない」

不正調査のための解析などのご相談も年々増加しております。

データの種類は?

まず、故人や退職者の所有していたデジタルデータは、どんな種類が考えられるでしょうか。

 ネットバンキングやクレジットカード情報 近年はネット銀行を利用されていたり、株やFXなども、ネットでやりとりが可能です。
資産・遺産は相続問題にも発展する可能性があります。
メールデータ、住所録 故人にどんな知り合いがいたのか、退職者がどんな取引先とどんなやりとりをしていたのか。
特にメールの場合、「契約書」「有料会員制サイト」の情報が残されているケースが多く、後の調査の重要な手がかりとなります。
写真、動画

ご家族との思い出の写真は、かつてはアルバムとして手元に残しておけました。
近年は動画で残されているケースもございます。
しかしパソコンに保存されていると、いざという時にログインができないと、端末がそこにあったとしても閲覧できなくなります。

その他 「インターネットのお気に入り」「インターネットの閲覧履歴」「意図的に消去されたデータ」なども、必要となるケースがあります。

解除方法・対処方法は?

パスワード解析ソフトを使用する

パソコンのログインパスワードが分からない場合
パスワード解除を試みる(ローカルアカウントの場合のみ)
・パスワード解析ソフトをトライする

詳細は、下記のサイトをご参照ください。

Windowsのログインパスワードを忘れてしまった場合の対処方法

データ復旧ソフトを利用する

データ復旧ソフトによっては、
・パソコンが起動しない
・ログインできない
・意図的に消去されたデータ
などをデータ復旧が可能なケースがあります。

ただし正しい知識がないと、パソコンが起動不可となったり、故障したり、データを完全に破壊してしまう可能性があるため、無理な作業はおすすめしません。

専門家に相談する

そもそも、
・どんなデータがどんな形式で保存されているかわからない
・パソコンをどう取り扱っていいかわからない
・相続問題などがあり、客観的な観点から報告書がほしい

などの問題があります。

取り扱いを誤れば、
・パソコンを意図せず故障させてしまう
・せっかくデータが残っていたのに、データ復旧ソフト等完全に上書きしてしまった
・最近は「終活ソフト」も存在し、パスワード入力の上限に達するとパソコンのデータを自動的に全消去されてしまうリスクもある。

・・・これらは過去に実際にご相談をいただいたケースでもあります。
大切で、取り返しのつかないデータを安全に復旧・解析するには、「正しいノウハウ」「正しい知識」「高い技術力」・・・様々な要素が求められます。

ログインパスワードが必要なパソコンの解除をするには

今回はWindowsのパスワード解析についてご紹介いたしました。
パスワード解析についてはMacのPCにも対応しています。

デジタル遺品は、大切な電子遺産です。きちんと整理されていないと悪用される可能性がございます。
パスワード解除が必要な際は、すぐに対応することがおすすめです。

パスワードがわからないパソコンでもパソコンの調査、解除が可能です。
ぜひ、ANKAIまでお問い合わせください。

-データ復旧の技術, 機器の故障と原因, データバックアップ, バックアップ方法, データ保存の豆知識, ハードディスク(HDD), SSD, パソコン(PC), Mac, サーフェス(Surface), データ保全
-, , , , , , ,

執筆者:

関連記事

FileVaultのパスワードを忘れてしまった場合の対処

MacをFileVaultでディスクロック(暗号化)したものの、解除するためのパスワードを忘れてしまうという事例があります。状況の把握と、対処方法についてお伝えします。 Contents1 Macのロ …

ログインパスワードが分からない!パスワード解析の実例

Contents1 お客様からのお問い合わせ2 名古屋オフィスへご来店3 解析作業に成功!4 お困りの際は、リプラスへ! お客様からのお問い合わせ ビッグデータが飛び交う中、会社で使っているPCのログ …

Symantec Endpoint Encryptionのパスワードを忘れてしまった。

Symantec Endpoint Encryptionのパスワード解除には、マスターキーが必要になります。そもそもSymantec Endpoint Encryptionというツールがどんなツールな …

暗号化ソフトSymantec Endpoint Encryptionとは?

Contents1 Symantec Endpoint Encryptionとは?1.1 社員が行うデータアクセスの様々なケース2 暗号化によるセキュリティを強化2.1 セキュリティソフトだけでは防げ …

Microsoft Outlookのメールパスワード解析事例!

Contents1 pstファイルのパスワードがわからない!2 pstファイルをUSBメモリに入れてご依頼3 解析機でパスワード解析完了!4 パスワードの解析はメール以外も・・・お気軽にお問い合わせく …