iPhoneバックアップの暗号化パスワードをなくしてしまったら – ANKAI | 暗号化・パスワード解除

ANKAI | 暗号化・パスワード解除

Apple,Microsoft,暗号化ソフト | セキュリティ強化のためにかけた暗号化やパスワード解除

データ復旧の技術 データバックアップ バックアップ方法 データ保存の豆知識 ITの最新技術 パソコン(PC) Mac 暗号化解除

iPhoneバックアップの暗号化パスワードをなくしてしまったら

投稿日:

Phoneバックアップの暗号化パスワードを なくしてしまったら

iPhoneのバックアップ方法

スマホのバックアップはみなさんどうされていますか?
昔のガラケーは、デジカメのように、SDカードを携帯に差し込んでデータ保管ができました。

Apple提供のサービスを使ってバックアップ

iPhoneの場合、SDカードをさす場所はありません。
Apple独自のクラウド『iCloud(アイクラウド)』または、Appleの音楽アプリ『iTunes(アイチューンズ)』というパソコンアプリを使います。

iCloudとは

『iCloud』はApple社が提供しているクラウドサービスです。

iPhoneをはじめ、Apple社製のデバイス(PCなど)に組み込まれています。仕組みは、スマホとは別にインターネットを介して遠隔地にあるサーバにデータを送信し、その人専用のバックアップができるサービスです。
バックアップしたいデータの種類は、設定で選定することもできます。

手元に置く、外付けHDDなどと違い、実物はありません。

Mac(Apple社パソコン)からもデータをバックアップや共有にも使え、有料契約することで容量を拡張することも可能です。

iCloudとiTunesどちらでバックアップすればよい?

iCloudのバックアップでできること

『iCloud』はiPhoneと同期されていて、iPhoneの中の電話帳、写真、カレンダー、アプリの情報など消えては困るデータのバックアップに使うことができ、誰でも5GBのストレージ(バックアップできる容量)を無料で使うことができます。

iTunesでのバックアップでできること

『iTunes』はオンラインで音楽ファイルを購入したり、再生したりすることができるアプリですが、スマホのバックアップ機能もついています。

パソコンをお持ちの方で、無料のiCloud5GBを超える大容量のデータをバックアップしたい場合、スマホまるごとのバックアップにおすすめです。

『iTunes』を使ってバックアップする方法

iPhoneはカメラの性能がよくなり、写真のデータ容量がさらに大きくなりました。そのため、無料のiCloud5GBだけではバックアップができません。

まるっとiPhoneの中の全てのデータをバックアップしたい時、容量の大きいデータをバックアップしたい時には、パソコンにバックアップをとるという方法を選択できます。

パソコンの容量に空きがあるか確認する

パソコンの容量に空きがあることを確認します。
iPhoneの容量以上に空きがないとバックアップはできません。
パソコンがSSDなど保存容量の少ないストレージ環境の場合、バックアップデータのみでパソコンの容量を使い切ってしまう場合がありますのでご注意ください。

iTunesを起動する

もし、インストールされていない場合には、Appleのサイトからダウンロードします。

パソコン版『iTunes』をAppストアからダウンロードします。(Apple社のパソコンMacを購入の場合、最初からインストールされている場合もあります)

iPhoneをUSBケーブルでパソコンにつなぐ

『iTunes』にiPhoneの情報が表示されます。

itunesでiPhoneバックアップ

iPhoneの容量や電話番号、シリアルナンバー、iOSのバージョンなどが見られます。

バックアップメニューを選択

バックアップメニューから『iCloud』へのバックアップか、『このコンピューター』にバックアップするかを選択します。

itunesでiPhoneバックアップ
『iCloud』は5GBまで無料で誰もが利用できますが、それ以上の容量をバックアップしたい場合には、有料契約し容量を拡張してから使用してください。

iTunesでバックアップデータを暗号化する

『このコンピューター』にバックアップを選択すると『バックアップを暗号化』をさらに選択することができます。パソコンからの漏洩やパソコンの盗難などでデータを悪用されても、暗号化を解除できなければ読み取ることができないので安心です。

バックアップの暗号化とは

iPhoneデータをiTunesでパソコンで保管する場合に、データをある方法を使わないと読み解けない『暗号化処理』をすることで、漏洩したり他人が開こうとしても暗号化の方法を知らない人には解除できないため、内容を読み取るができません。

暗号化するには、暗号化を解除する際に必要な『パスワード』設定が必要です。『iCloud』を使ったバックアップは、自動で暗号化されるようになっています。

バックアップデータを復元する

iPhoneがエラーや故障などでデータが消えたり、iPhoneを初期化してしまった場合に、バックアップデータを使って復元ができます。

itunesでiPhoneバックアップ

バックアップできる内容は、最新バックアップの日付のものを復元することができます。

iPhoneをパソコンにつなぎ、iTunesの『バックアップを復元』を選択すると、復元か開始されます。

暗号化したパスワードを忘れてしまった!

バックアップを復元したいのに、暗号化解除パスワードを忘れてしまうと復元ができなくなります。

状況確認しましょう

  • パスワードはメモとして残していませんか?
  • 大文字小文字を打ち間違いしていませんか?
  • バックアップデータは確実にパソコンに存在していますか?
  • 別のバックアップデータを選択していませんか?
  • iCloudを使ってバックアップしていませんか?
  • 別の家族やメンバーのアカウントでパソコンログインをしていませんか?

新たにバックアップを作りたい場合

iOSの設定から暗号化パスワードがリセットできます。現時点のバックアップデータの暗号化パスワードを新たに作成することはできますが、以前バックアップしたデータを復元することはできませんので注意しましょう。

暗号化解除サービスに依頼する

iTunesのバックアップデータの暗号化パスワードを忘れてしまって、どうしようもできない状況になったら、暗号化解除を行う専門サービス『ANKAI』にご依頼ください。

Macの暗号化解除、パスワード解除もおまかせください

MacOSのログオンパスワード忘れ、ファイルメーカーで作成したファイルの暗号化解除、FileVaultによるMacの起動ディスク全体の暗号化パスワード解除などもおまかせください。

-データ復旧の技術, データバックアップ, バックアップ方法, データ保存の豆知識, ITの最新技術, パソコン(PC), Mac, 暗号化解除
-, , ,

執筆者:

関連記事

FileVaultのパスワードを忘れてしまった場合の対処

MacをFileVaultでディスクロック(暗号化)したものの、解除するためのパスワードを忘れてしまうという事例があります。状況の把握と、対処方法についてお伝えします。 Contents1 Macのロ …

FileVaultのマスターキーチェーンを忘れてしまった場合の対処

Contents1 FileVaultとは?1.1 暗号化とは?1.2 暗号化を解除したい場合2 マスターキーチェーンで解除3 複数台Macに復旧キーを配布している4 復旧キー、ログインアカウントを無 …

Microsoft Outlookのメールパスワード解析事例!

Contents1 pstファイルのパスワードがわからない!2 pstファイルをUSBメモリに入れてご依頼3 解析機でパスワード解析完了!4 パスワードの解析はメール以外も・・・お気軽にお問い合わせく …

ログインパスワードが分からない!パスワード解析の実例

Contents1 お客様からのお問い合わせ2 名古屋オフィスへご来店3 解析作業に成功!4 お困りの際は、リプラスへ! お客様からのお問い合わせ ビッグデータが飛び交う中、会社で使っているPCのログ …

暗号化ソフトSymantec Endpoint Encryptionとは?

Contents1 Symantec Endpoint Encryptionとは?1.1 社員が行うデータアクセスの様々なケース2 暗号化によるセキュリティを強化2.1 セキュリティソフトだけでは防げ …